人相早見表(13部位)
顔をタテにみて 天中→地閣 までの部数が13あります
場所の色やホクロ等により、その人への影響を判断します



天中(てんちゅう)
天庭(てんてい)
司空(しくう)
中正(ちゅうせい)
印堂(いんどう)
山根(さんこん)
年上(ねんじょう)
寿上(じゅじょう)
準頭(じゅんとう)
人中(にんちゅう)
水星(すいせい)
承漿(しょうじょう)
地閣(ちかく)


顔をタテにみて 天中→地閣 までの部数が13あります
場所の色やホクロ等により、その人への影響を判断します


■天中(てんちゅう)
守護霊の場所。祖先や目上の人のことを見る。また、自分で考えてもいないことが予知できる。天からのメッセージが出る場所 気色、血色でみます。
何かを決断した時、ここが黒いと大凶の結果になります。


■天庭(てんてい)
守護霊の場所です。祖先や目上の人のことを見ます。天からのメッセージを、気色、血色でみます。


■司空(しくう)
地位や出世、目先の業績の吉凶を見ていきます。
その他、大きな争いごと、訴訟の勝敗など。裁判の時、上級審の結果などがでます。


■中正(ちゅうせい)
目先の吉凶。裁判の時、下級審の結果が出ます。逮捕などをされる時もここに出ます。


■印堂(いんどう)
眉間のことで、一身の運気が集まるところ。自分の希望することや当日の状態、近日中の運勢が表われます。
人間の気(気力・活気)は、まずここから発し、またここから退いていく。
印堂は、書類にハンコを押すと決定、という事で印堂といいます。印堂に気色が入らないと、何事も実現しません。


■山根(さんこん) 近日の状況も把握できます。
山根は印堂の根、鼻の根の場所です。


■年上(ねんじょう)
自我、闘志が表われます。鼻の、鼻骨のある部分です。


■寿上(じゅじょう)
自我、闘志が表われます。鼻の、軟骨がある部分です。


■準頭(じゅんとう)
鼻の先。自分自身の事。お金に関する事をみる。入金したお金が流れていく先。
男性器の先。子宮の入り口。


■人中(にんちゅう)
鼻の間の縦筋。健康状態のほか、女性器の状態と子供運がはっきりと表われます。


■水星(すいせい)
口のこと。食欲、性欲、意志力を見る。
輪かくがはっきりして、上下がしっかり合うこと。また、声がよく響いて、澄んでいると良いです。
おいしいものを食べた時には、口のふちにそって白い気色がでます。


■承漿(しょうじょう)
口の下。病気や薬当たりがでます。承漿が黒いと薬が合っていません。
赤点は食あたり。


13.地閣(ちかく)
愛情と意志、住居、足もとに関すること、また晩年運が出ます。
あごの部分。下墓ともいう。


1.TOPへ