九星占いとは
九星占いというのは自分の生まれた年や、生まれた月によって、あなたへの影響を占う運命学です。

人は大気の中で生きて、大気の中で一生を過ごしていくので大気と密接な関係にあると考える占いです。
その大気を九つに分類し、生まれたときの大気を定め、性格や相性を判別していきます。
また、どんな大気の中で活動するかで同じ努力をしてもおのずと吉凶が生じてくるわけです。

九星は「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」の九つに分類され毎年、毎月それらの九星が方位ごとに一定の法則で大気を支配しています。

また
生まれた年を支配する星を「本命星」といい、
それはその人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり本質をあらわしています。

また、生まれた月を支配する星を「月命星」といい、
その人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり行動を表しています。
この二つの星が影響しあって一つの人格が生まれるわけです。

一般的に本命星の影響が6〜7割に対して月命星の影響は3〜4割といわれています。


1.TOPへ