「五行(ごぎょう)」とは
エネルギーの動きには、基本的に5つのパターンがあり、一般的には「木・火・土・金・水(もっかどごんすい)」の呼び名で知られています。

◆ 「木」は、大地に根をのばし、枝葉を広げる樹木のように、外にむかって動くエネルギーのシンボルです。これから新しいものが生まれて成長しはじめる段階、季節でいうなら春を表します。

◆ 「火」は、燃えさかる炎のように上に向かって動くエネルギーのシンボルです。エネルギーが最も盛んなとき、季節でいうなら夏を表します。

◆ 「土」は、耕される大地のように地表を水平に回るエネルギーの象徴です。季節の変わり目の時期(土用)にあたります。

◆ 「金」はすべてのエネルギーの中でもっとも凝縮されていて、内に向かって動くエネルギーのシンボルです。1年では秋にあたります。

◆ 「水」はその性質のとおり、下に向かって流れるエネルギーの象徴です。休息と貯えの時期にある段階で、冬の季節にあたります。

この5つのエネルギーは、一つのパターンにとどまることなく次から次へと自然に変化をしていきます。
風水では、これら5つの要素が創造的なよいサイクルをすることで、全ての環境が整うと考えられています。
|
1.トップへ戻る
©あなたも占い師-占い入門帳-