干支と陰陽について@
干支の「干」とは、前でもいっているとおり、
甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちの
と)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)の10干の事です。
これらを陰陽と五行別に表したものが下の表となります。

表の見方
十干
陰陽
五行
方位
四季


甲(きのえ)





乙(きのと)





丙(ひのえ)





丁(ひのと)





戊(つちのえ)


中央
季節の変わり目

己(つちのと)


中央
季節の変わり目

庚(かのえ)


西


辛(かのと)


西


壬(みずのえ)





癸(みずのと)






読み方についてですが、五行が同じ「木」である「甲」と「乙」を例に挙げますが甲が木の兄
(先)であり乙が木の弟(後)であるところから「きのえ」「きのと」読みならわされて来たもので
す。すなわち、兄は上(うえ)ですからその(え)を取って(え)「甲(きのえ)」と読むという事で、ま
た弟は後(あと)なので(と)を取って(と)「乙(きのと)」と読むのです。
またこのように語尾が「え」と「と」になるので、一般に干支の事を「えと」と呼ぶわけです。

1.トップへ戻る