干支って何?
まず、干支とは何でしょう? 
干支とは詠んで字のごとし 「干(え)」と「支(と)」から出来ていますよね

干支(かんし、えと)は、
十干と十二支を組み合わせたものです。
十干十二支(じっかんじゅうにし)、天干地支(てんかんちし)の略です。
10と12の最小公倍数は60なので、干支は60期で一周することになります。
そのため六十干支(ろくじっかんし)ともいいます。

中国やアジアの漢字文化圏において、年・月・日・時や方位、角度、ことがらの順序をあらわすのにも用いられ、陰陽五行説とも結びついてさまざまな占いにも応用されました。

◆十干は
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素からなり、

◆十二支は
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12の要素からなっており、

あわせて干支と呼びます。
|
1.トップへ戻る